真钱飞禽走兽棋盘

多様性と個の確立―時評と書評から時代を読む

On 3月 21st, 2013, posted in: 多様性と個の確立, 書籍 by

多様性と個の確立―時評

多様性と個の確立

(社)経済倶楽部の理事長が時評と書評を通じて日本社會の〝今?を斬る!!

著者:淺野純次
発行:東方通信社
定価:700円+稅

著者は東洋経済新報社で『週刊東洋経済』『四季報』の編集長を経た後に、東洋経済新報社社長、會長を歴任し、現在は東洋経済の姉妹団體であり、石橋湛山氏が設立した(社)経済倶楽部の理事長を務める淺野純次氏。月刊『コロンブス』では「食の経済ノート」を連載中、食材に関する見識と軽妙な語り口が好評だ。
本書は経済倶楽部が毎週金曜に開催している「経済倶楽部講演會」の講演録に収録された時評と書評を一冊にまとめたもの。數多くの経済人、學者と交流を深めてきたベテランジャーナリストならではの鋭い視點とユーモア溢れた文章に思わず引き込まれる。
51編から成る時評のテーマは政治?経済、社會、文化と幅広く、その時々の世相や著者の體験が大いに反映されていて興味深い。また、全編を通して著者の見識の深さがあらわれており、多彩な視點の數々に新たな気付きや発見を得ることができるはずだ。もちろん、石橋湛山氏に関する文章もあり、東洋経済新報社に脈々と流れる「湛山イズム」と現代における価値を見出すことができる。
著者は無類の読書家でもあり、本書に収録されている書評の數は201冊にも上る。ジャーナリストならではの視點で選ばれた本はいずれも読み応えがあるが、まずはこの書評を読んでから自分好みの一冊を手にしてみるというのもいいだろう。きっとお気に入りの一冊が見つかるはずだ。
また、本書には「個の確立と小日本主義―石橋湛山の言説とその現代的意味」、「雑誌の多様性と自立―雑誌メディアが弱體化した社會は怖くて脆い」といった小論文も収録。あらためて現代における「個」と「多様性」の重要性に気付かされる。

真钱飞禽走兽棋盘 时时彩官方最快开奖 双色球怎么打容易中奖 麻将下载 即时比分90vs即时比分 2018棋牌游戏二八杠 重庆时时彩计划版软件 安格斯 pk10龙虎玩法技巧 时时彩开奖号码 时时彩最稳倍投方案